ホーム > トピックス情報一覧 > 日本政府観光局(JNTO)より、2018年10月の訪日外客数が発表されました。

トピックス情報

日本政府観光局(JNTO)より、2018年10月の訪日外客数が発表されました。

2018/11/22

 日本政府観光局(JNTO)の発表によりますと、2018年10月の訪日外客数は、前年同月比1.8%増の264万1千人で、2017年10月の259万5千人を約4万人上回り、10月として過去最高を記録しました。

 

 韓国、台湾、香港においては、昨年は10月上旬にあった休暇が、今年は9月下旬となったことなどもあり、前年同月を下回りました。一方で、欧米豪市場については、好調なクルーズ船需要や訪日旅行プロモーションの効果により、9市場すべてで好調な伸びを示し、訪日外客数全体としては増加に転じました。

 

 市場別では、16市場(中国、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で10月として過去最高を記録しました。なお、1月からの累計では、ベトナム(33万人)、イタリア(12万9千人)、ロシア(7万9千人)、スペイン(10万4千人)の4市場が10月までに昨年の年計を超え、過去最高を更新しました。