ホーム > 長崎ペーロン選手権大会 > ペーロンとは

ペーロンとは

ペーロンとは

長崎ペーロン大会のおこり

長崎港でペーロン競漕が行われたのは、明暦元年(1655)のことで長崎港に碇泊中の唐船が暴風雨に襲われて難破し、多くの溺死者を出しました。在留の唐人たちが、海神の怒りを鎮めようと端舟(はしけ)を借り集めて、長崎港で競漕したことがはじまりと云われています。往時、旧暦5月端午の節句に行われていましたが、競漕に熱中する余り、各種の喧嘩沙汰を引き起したため、長崎奉行は、たびたび禁止令を出しました。 その後、長崎地方では、大漁祈願のためにするもの、竜神まつりと称するもの、“足あらい”と称して田植の済んだ後に行うもの、いろいろですが、現在は6月初めから8月中旬頃まで各地、各町内で実施されており、7月最終日曜には長崎ペーロン選手権大会が長崎港で行われ、各地区の選抜チームが覇を競います。 なお、近年は、中国、兵庫県相生市との親善交流も行われています。

長崎ペーロンの由来

白龍(パイロン)から語源が来ているといわれているペーロンは、もとは中国から伝えられたものです。明暦元年(1655年)の頃といわれていますから、今から三百数十年前に長崎で最初のペーロン競漕が行われたことになります。我が国ボートレースの元祖でもあります。旧暦5日、6日の行事でしたが、近年は7月8月に集中し長崎の夏を彩る風物詩となりました。

舳先(へさき)

俗にチャセンとも呼ぶ。黒く塗られているのはラインをはっきりさせるため。赤く塗られている部分は魔よけの鏡の意味がある。

舵(かじ)

舵取りには長年の経験と感が必要され、操る者の腕ひとつでレースの展開が決まる。

幟(のぼり)

赤い模様は、1本=1位・2本=2位・3本=3位と、レースの時の順位を意味する。

太鼓・銅鑼(どら)

各1名ずつの打手がいて、どちらかベテランのほうがリズムのリードを取る。また、ここ一番という時の志気を高める船上監督の役目もかねている。

外板

デザインの規定はなく、それぞれのチーム独自のモチーフで色鮮やかに描かれる。

櫂(かい)

漕手26名が手にする櫂(かい)は位置する場所によって、その長さが異なる。舟首と尾首の者が持つものが中央部に居る者の櫂より長い。ペーロン舟が弓形になっているので、水面までの距離が違うためである。

船と船員

舟底の曲り具合、へさきの潮切り、波の抵抗と力のバランスを考えてつくります。細かいことは、各舟造りの秘中の秘とされています。舟材は杉。舟首に画かれるマークは、各チームが趣向をこらして描きます。昔は舟の長さ、飾り、乗員はまちまちでしたが、今は舟の長さ45尺(約13.6メートル)乗員30名以内(漕手26名以内、太鼓、ドラ、舵手、采振り、あか汲み)と統一され、往復1,150メートルをドラ、太鼓に合わせて勇壮に競漕します。また海辺に群がる応援団は、大漁旗や応援団旗を打ち振り、声を限りの声援をおくり「海祭り」の圧巻を演出します。

陸(おか)ペーロン

海のペーロンを真似て、陸上で各町の子ども達が組をつくり、他町の者たちと走り競争をした。負けた組は、町内で用意した紙ハタを奪られてしまう。すなわちハタ取りを競うのである。長崎民謡「ぶらぶら節」に“大井手町の橋の上で子供のハタ喧嘩、…”と唄われているのは、この陸ペーロンの時のハタ喧嘩の光景であるといわれています。